printing

最近ではインターネットから簡単に冊子印刷の注文が出来る

冊子印刷の使い勝手を決める綴じ方

きれいに並んだ本

冊子印刷はいろんな場面で使われていましたが、小ロット化ができるようになってより便利になっています。個人の利用も増えてきました。

冊子印刷には様々な用語がありますが、その中でも知っておきたいのが綴じ方です。

小冊子の綴じ方は様々ですが、中綴じ、無線綴じ、PUR綴じが代表的なものとなります。


中綴じというのは、見開きの状態の紙を重ね合わせて2つ折りにし、中心を針金などで留める方法です。1枚の紙の裏表で見開き2ページ(4ページ)を印刷するようにします。冊子印刷のページ数は印刷されたぺージ数ではなく、冊子にしたページ数をカウントしますので、納品時のページ数は必ず4の倍数になります。厚みがあるとズレが生じるため、ページ数の少ない小冊子向けです。

無線綴じは名前の通り、針金や糸ではなく接着剤で背を綴じ、表紙で包むようにして作ります。厚みに合わせて表紙を作る必要がありますが、本文の印刷が安定します。注意点は、見開きの開く角度が狭く、見にくい部分が出てくることです。

PUR綴じは無線綴じの一種です。PURとはポリウレタンリアクティブの略で、接着強度が高く、無線綴じの欠点である見開きの開きを大きくします。ページ数が多く、大きく開く必要のある辞書やノートなどによく使われています。

こういった綴じ方ひとつで、冊子の雰囲気や使い勝手は変わります。印刷だけでなく、綴じ方にも注意を払うことが冊子印刷では大切です。

インフォメーション

花と本

冊子印刷業者は入稿方法からも選べる

冊子印刷を業者に依頼する場合に、よく確認しておきたいのが入稿の方法です。インターネッ…

きれいに並んだ本

冊子印刷の使い勝手を決める綴じ方

冊子印刷はいろんな場面で使われていましたが、小ロット化ができるようになってより便利に…

積み上げられた本

冊子印刷が安くできるようになった理由

冊子印刷も昔と比べるとだいぶ安くなりました。その原動力はやはりネットを活用していると…

開かれた本

冊子印刷するならネットを使おう

職場の行事や学校行事、はたまた町の行事などで一般の人に配ったり参加する人に対…

Copyright © 2017 最近ではインターネットから簡単に冊子印刷の注文が出来る All Rights Reserved.